大雑把なO型がガンプラを作るとこうなる

HGUCのガンプラを主に製作、全塗装&簡単な改修。たまに他ジャンルも作るよ!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HGUC RX-0 ユニコーンガンダム (デストロイモード)

ブログ初作品は、こちら!
赤く輝くサイコフレームがかっこいい!HGUCの記念すべきNo.100である
「RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード」です!

MCR30W 331


大体ガンダムのプラモって過去に旧キットやMG(マスターグレード)等で組んだことがあったり
アニメ等で形状を把握できていたりするので
ランナーを見て「このパーツがどこの部位なのかぁ~」とか
「ここのパーツ一体成型なのかー」とかブツブツ言いながら(あぶない!)組んでいけるんですけど
ユニコーンガンダムは製作自体も初で、形状もよく知らない部分があったので
「!」な連続で新鮮な気持ちで作れました!


MCR30W 330
以前組んだHGUC ガンダムMk-IIとのサイズ比較。
1/144スケールとはいえ、設定では21.7mもあるので
組みあがってみるとちょっとしたMGサイズの身長?!
ちなみにV字アンテナの長さは1/100スケールのものと同等以上あります!


MCR30W 325
ナナメ上からの1枚。
膝まわりが1番、組んでる段階でワケがわかんなかったですw


MCR30W 327
首のところが二重関節になっており、かなり上を向かせることができます!
そのほかにも腰、股関節などでかなり可動範囲の広い構造になっており、
保持力もバッチリですよ!


MCR30W 326
バーニアは昔購入して未開封だったメッキシルバーを使ってみました。
金属粒子が一切わからないほどの仕上がりで、かなりイイかんじ!


MCR30W 328
ビームマグナム構えるの図
一発でエネルギーパック一個消費(!)という燃費の悪い武器です。
ガンダムUCの映像内でも、かすめただけで装甲が熔けていく描写があり、
「既存のビームライフル数倍の威力」という設定がアピールされてましたね!


サイコフレームの関係で外装パーツ点数がサイズの割りに多く、見た目より手間はかかりますが
反面、合わせ目処理など面倒な箇所がほとんどなく、非常に良いキットです!

組み立てにあたって特に改修したところはありません。
ごく一部のパーティングライン消し(工場で生産時、金型同士の合わさる断面に生じる凸状に走る線)
あと全体的に600~1000番のペーパーがけを行った程度です。

塗装ですが、私の場合基本的にクレオスのMr.カラーをエアブラシ塗装、
メインカメラとか細かいトコは水性ホビーカラーを筆塗り、
スミ入れはタミヤのエナメルブラックを使ってます!

カラーレシピ

白:クールホワイト
カメラ:ライトグリーン
V字アンテナ:クールホワイト+オレンジイエロー+蛍光オレンジ
メカ色:ニュートラルグレー
サイコフレーム:レッドパール+クリアーレッド→ホワイトパール
バックパック、つま先等:ミッドナイトブルー
バーニア:メッキシルバー

このユニコーンはサイコフレームの表現が肝だと思いますが、
塗装するなら蛍光ピンクを混ぜるべきだったかもしれません。
サイコフレーム無塗装のほうが実はかっこよかったかもしれない^^;
スポンサーサイト

| HGUC RX-0 UNICORN GUNDAM (D.MODE) | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。