大雑把なO型がガンプラを作るとこうなる

HGUCのガンプラを主に製作、全塗装&簡単な改修。たまに他ジャンルも作るよ!

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HGUC改造 デルタガンダムMk-II 制作その14

■リアアーマー改修その3

・リアアーマー表裏
・フロントアーマー裏
・後頭部の装甲裏

上記3箇所のスジ彫りと、それらのサフ吹きを行いました。

P1290004.jpg
白プラ板のため形状が掴めず不安だったのですが、
いざサフを吹いて見ると案外サマになってます!

フロントアーマーのスリットも意外と雰囲気が出てるかと思います。
裏側のスジ彫りデザインがすごく残念なことになってますが。。。

後頭部の装甲は凸型のガイドを作って掘りました。


P1290006.jpg
リアアーマー表側はこんな感じになってます。
装甲面にパネルラインが多く入ってるのはおかしい気がしますが、
面積が広いため何もないのもなぁ、と悩みながら掘りました。


P1290010.jpg
リアアーマー大型化&取り付け角度変更を行なったため
ウイング・バインダーの取り付けに支障が出てきました。
ちょっと前に思案した方法から変更し、百式イメージに多少戻す方向へもっていきます^^;


P1290015.jpg
股間パーツはプラ板でこっそり形状修正してあったんですが
サフ吹いて初めて形状が写真に反映されました。

やはりプラ板工作はサフ大事ですね。消えてると思っていたプラ板積層断面も
思いっきり線が出ていたりしました。
スポンサーサイト

| HGUC [製作過程] | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。