大雑把なO型がガンプラを作るとこうなる

HGUCのガンプラを主に製作、全塗装&簡単な改修。たまに他ジャンルも作るよ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HGUC改造 デルタガンダムMk-II 制作その6

■頭部後ろの装甲制作

苦手なプラ板工作です。。。
克服するためにも少しずつ慣らしていくしかないですね。

P1100012.jpg
小サイズ、簡単な形状なのでなんとかそれらしきモノになりました。
これがデカブツになってくると寸法の狂いとか反り修正がすごく大変そうです。
ただパテと違ってプラをそのまま削るので硬化待ちがないのは良いですね。
接着やスキマ埋めは瞬着を使えばすぐですからね。


P1100011.jpg
シャーペンで方眼紙にデザインしたものを1mmプラ板に貼り付け、
それをベースにプラ板を瞬着で重ね合わせて2mm厚に仕上げました。
首の裏から見える部分は1mmプラ角棒で外周を覆っていますので、
その周囲は3mm厚になってます。
角度がついている部分の接着は、ナナメに削って合わせ、
少しでも接着面を増やし強度を稼いでいます。


P1100005.jpg
両面テープで仮ドメしてチェック。
首延長でかなり上を向けるようになったので、その分のクリアランス確保にも
一役買っています。


P1100008.jpg
後ろから見るとこんな感じです。
バックパック?部分との相乗効果で、
デルタガンダムの特徴的なフォルムが出てきたのではないでしょうか。
脳内設定Mk-IIなので、デザインは違いますけどね。

内部モールドは考え中です。
自分に引き出しが全くないので、皆さんの作例をチラチラ盗み見させていただきますw
スポンサーサイト

| HGUC [製作過程] | 23:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どこが苦手なんですか~?笑
方眼紙を使っておられるので、精度もばっちりではありませんか!前回の削り出しもとてもいい感じですよね!
僕はオールフリーハンドですから、見習わなければいけません。汗

こうやって少しずつ形になっていくのを見るのってすごく楽しいです!頑張ってください!!

| MATIO | 2012/01/11 00:32 | URL |

>>MATIOさん
いや~、プラ板は手順が多いのでどうしてもパテの「盛る、削る」な手軽さに頼ってばかりなのですよね。
オールフリーハンドでいけるって、やっぱ積み重ねてきた経験がおありな証拠だと思いますよ~。
応援ありがとうございます!前作以上の出来を目指して頑張ります!

| BLUE | 2012/01/11 00:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ccv71870.blog101.fc2.com/tb.php/95-1f511811

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。